SMクラブでの暴虐

カテゴリ:SMクラブ

女性にとって、M男というのはどういうものに見えるのでしょうか。
あんまりいいものとは思えないんじゃないでしょうか。
「僕をたたいてください」なんて言ったら、どん引きしますよね。
しかし、SMクラブなら、どん引きされる心配もなく、いじめてくれます。
そういうわけで、新宿にある、某SMクラブに顔を出しました。
ホテルに部屋をとり、女王様が降臨するのを待ちます。
降臨された女王様は、非常に背が高く、整った顔立ちの女性でした。僕は一目で、服従を誓いました。
それからの、女王様による暴虐の数々は、筆舌に尽くしがたいものがあります。
まず、寝技です。これは名の通りの、格闘技の関節技をかけられました。ものすごく痛いです。
さらに、スパンキングです。とにかくたたかれました。肩にかみつかれさえしましたよ。
そしてラストは、肛門への攻撃でした。
これはとにかく痛い。この痛さを、言葉で書き表すのは難しいでしょう。
ベッドに大量の白い液体を放出して、わたしは昇天しました。
痛くて気持ちがいい、SMクラブでした。